クレアチンはドーピング?効果や飲み方についても説明します!

悩んでいる女性

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルトレーニングジム
「イマナミジム」トレーナーの
今浪勉です!

今回のブログでは
クレアチンの効果や飲み方
ドーピングについてお話します。

まず初めに
クレアチンを飲んでも
ドーピングにはなりません。
(この記事は2021/12/7に書いています)

ドーピングについては
後ほど記載しますが
まずはクレアチンが
どんな物なのか?について
ご説明致します。

クレアチンは
肉や魚などに
含まれている成分で
私達の体内にも存在する物質です。

私たちが運動をする際には
体内に有るATPという物質を
ADPという形に変える事で
エネルギーを作っています。

ATPは
激しい運動を行った場合
運動開始から数秒ほどで
消費され無くなってしまいます。

この後も運動を続ける為には
ATPから作られたADPを
再度ATPに戻す必要があり

このADPをATPに戻す為に
ATP‐CP系という働きがあります。

ATP‐CP系では
クレアチンが必要になる為

クレアチンを摂る事で
よりスムーズに
ADPをATPに戻す事ができます。

クレアチン説明イラスト

クレアチンを摂る事で
ATPが作られやすくなり
運動に必要なエネルギーも
作られやすくなるので
よりハードに
運動を続ける事が
できるようになります。

また、
クレアチンには
運動中のエネルギーを
増やすだけでなく

体内で
筋肉が作られる働きを
高める事により
筋肉量アップなどの効果も
期待できます。

いろいろな
効果が期待できるクレアチンですが
初めにお伝えした通り
ドーピングにはなりません。

クレアチンに限らず
ドーピングになるか?
ならないか?は基本的に

その物質、または方法が
WADA(世界アンチ・ドーピング機関)の定める
禁止表国際基準によって
禁止されているか?どうかで決まります。

2021/12/7現在
クレアチンはWADAの定める
禁止物質ではないので
クレアチンを摂っても
ドーピングにはなりません。

禁止表国際基準は
少なくとも1年に1度更新され
JADA(日本アンチ・ドーピング機構)の
ホームページから
どなたでも確認する事ができます。

また、
クレアチンをはじめ
販売されている
サプリメントの中には

LGC社の
INFORMED-CHOICE
(インフォームドチョイス)など
第三者機関により
禁止物質が含まれていないか
チェックを受けている物もありますし

ご自分で判断が難しい場合には
JADAのホームページから
スポーツファーマシストという
アンチ・ドーピングの知識を持つ
薬剤師さんを探す事もできますので

よりドーピングを避ける為には
こういった物を活用する事を
おススメ致します。

いろいろな効果の期待できる
クレアチンですが
沢山飲めば飲むほど
より効果が出るわけではありません。

クレアチンを摂る場合は
毎日、少しずつ摂り
体内のクレアチンレベルを
上げて行く事が重要です。

糖質を含む食事の後や
トレーニング中、トレーニング後などの
クレアチンが吸収されやすくなる
タイミングで各1~2g程度
1日に合計で5g程度
摂るのがおススメです。

この位の量を1ヶ月程度
続けて摂る事で
体内のクレアチンレベルを
高める事ができ

プロテインや
トレーニング中のドリンクに
混ぜて飲んでもOKです。

急いで効果が欲しい場合には
クレアチンローディングという
数日間でクレアチンを
大量に摂る方法もありますが
お腹が緩くなる事があるので
気を付けましょう。

クレアチンには
細胞内に水を引き込む働きがあるので
クレアチンを摂る際は
多めに水を摂るようにします。
(クレアチン1gに対して水100mlが目安です)

クレアチンを飲む事で
体内の水分が増え
体重が増える事があり

体重制限のある
スポーツなどを行っている場合は
注意が必要です。

というわけで
クレアチンを飲んでも
ドーピングにはならない!
毎日5g程度を摂るのがおススメです!
というお話でした。

コチラ↓の記事もおススメです!
タイトルクリックでご覧頂けます。

15年間プロテインを
飲み続けた男性の血液検査結果が衝撃的!?

プロテインはドーピング検査に
ひっかかるのか?について!

ベンチプレスでバーベルを
胸につけなくても良い理由を説明します!

ではでは
本日はこの辺で
失礼致しマッスル!\(^o^)/