ショルダープレスで三角筋の前部・中部は刺激されるが後部は刺激されない理由!

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルトレーニングジム
「イマナミジム」トレーナーの
今浪勉です!

今回のブログは

ショルダープレスで
三角筋の前部と中部が刺激されて
後部が刺激されない理由
についてお話します。

ショルダープレスは
顔の高さに構えた
ダンベルやバーベルを
上下させるトレーニングで↓

ショルダープレス説明

肩の筋肉
三角筋(さんかくきん)という
筋肉が強く刺激されます。

この三角筋という筋肉は
付着している部位により

・前部(緑)

・中部(赤)

・後部(青)

の3つに分ける事ができ
三角筋のトレーニングは
3つの内どこを刺激するのかを
考えて行う必要があります。

三角筋説明

ダンベルやバーベルなどを使った
フリーウェイトトレーニングで
三角筋を鍛える場合

負荷となる重力が
地面に向かって垂直に働くので
トレーニング動作中
上に位置している部位が
強く刺激されます。

ショルダープレスの場合は
構えた際に腕の骨が回り
肩の関節が外旋した状態
(外側に回った状態)になる為

上腕骨に付着している
三角筋も一緒に回り
三角筋の前部が上に来るので

ショルダープレスでは

三角筋の前部が
強く刺激されます。

肩関節の外旋

三角筋中部の前よりの部分も
ショルダープレスで刺激されますが

三角筋の後部は
肩関節が外旋した際に
下に位置するので刺激されません。

バーベルショルダープレスを
行う際に
バーベルを頭の後ろに下ろすと
三角筋後部も刺激できると
言われる事がありますが
これは間違いです。

バーベルを
頭の後ろに下ろした場合も
三角筋前部・中部が
刺激される事は変わらないので

三角筋の中部を
刺激したい場合は
サイドレイズ↓

サイドレイズ

三角筋の後部を
刺激したい場合は
リアレイズ↓など

リアレイズ

ショルダープレス以外の
トレーニングも行う事を
おススメ致します。

というわけで
ショルダープレスで

強く刺激されるのは
三角筋前部です!
というお話でした。

コチラ↓の記事もおススメです。

「デッドリフトは背中?脚?
どっちのトレーニング?」

「スクワットのフォーム
(膝の位置)による効果の違いについて!」

「インクラインベンチプレスで
大胸筋上部が刺激される理由!」

ではでは 
本日はこの辺で 
失礼致しマッスル!\(^o^)/