スクワットで腰を痛めない為の注意点!しゃがむ深さについて!

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルトレーニングジム
「イマナミジム」
トレーナーの今浪勉です!

今回のブログは
スクワッで腰を痛めない為の注意点!
しゃがむ深さ!についてお話します。

スクワットは下の画像のように
気を付けの状態から
しゃがんで立ち上がる動作を繰り返す
トレーニングで

自重スクワット

大殿筋や中殿筋などの
お尻の筋肉

大殿筋

大腿四頭筋やハムストリングス
内転筋群などの
太ももの筋肉など

大腿四頭筋

沢山の大きな筋肉を
一度にまとめて刺激できるので
下半身(脚)の体力アップはもちろん
ダイエットにもおススメのトレーニングです。

スクワットは
非常に力を出しやすい
トレーニングなので
体力がついてくると
自分の体重だけで行う
自重スクワットでは
負荷が足りなくなる事があります。

この場合、
よりトレーニング効果を高める為
バーベルを担いだ状態での
バーベルスクワットや

ダンベル持った状態での
ダンベルスクワットなどを
行うのですが

ここで気を付けたいのが
しゃがむ深さ
(どこまでしゃがむか?)です。

先程もお伝えした通り
スクワットは非常に力の出しやすい
トレーニング種目なので
沢山の重りを持って
行う事ができるのですが

沢山の重りを持つという事は
言い換えると
それだけ腰などに負担をかけやすい
という事になり

良くないフォームでのスクワットは
腰痛の原因になる事もあるので
注意が必要です。

特に、
スクワットでの腰痛の原因として
多く見られるのが
レンジを大きくとりすぎて
深くしゃがみ過ぎている事です。
(トレーニングで動く幅をレンジと言います)

腰になるべく負担をかけずに
スクワットを行うには
真っ直ぐ立っている状態の
背すじをキープして
行う事が非常に重要です。

スクワット背すじ

深くしゃがみ過ぎてしまうと
どうしても腰が丸くなり
腰への負担が増え
腰痛の原因になってしまいます。

スクワット深さ

真っ直ぐな背すじを保ったまま
どこまでしゃがめるか?は
個人差がとても大きいので

ご自分がどこまで
しゃがめるか?を知りたい場合は

重りを持たない状態か
もしくは、バーベールのみなど
軽い重りを持った状態で
ゆっくりスクワットを行い
真っ直ぐな背すじを保ったまま
どこまでしゃがめるか?を
確認しましょう。

しゃがめる深さを確認する際は
スクワットを横から誰かに見てもらうか
1人で確認する場合は
スマートフォンなどで
横から動画を撮影し
スロー再生で確認するとわかりやすく
おススメです。

また、パワーラックなど
セーフティバー(安全バー)を
使う事ができる場合には

ご自分が
真っ直ぐな背すじを保ったまま
しゃがめる高さになるべく近い位置に
セーフティバーの高さを
設定しましょう。

ちなみに、同じ人でも
筋肉の柔軟性の変化や
体脂肪の増減などによって
背すじが真っ直ぐなまま
しゃがめる高さは変化するので

軽い重さで行う
ウォーミングアップ時などに
定期的にしゃがめる高さの確認を
行う事をおススメします。

というわけで
スクワットを行う際は
背すじを真っ直ぐにして行い
腰痛を防ぎましょう!
というお話でした。

コチラ↓の記事もおススメです!
タイトルをクリックでご覧いただけます↓

「スクワットのフォーム
(膝の位置)による効果の違いについて!」

「デッドリフトでの胸の張り方
(どこまで体を起こすか)について!」

「ベンチプレスでバーベルを
胸につけなくても良い理由を説明します!」

ではでは
本日はこの辺で
失礼致しマッスル!\(^o^)/