スクワットのフォーム(膝の位置)による効果の違いについて!

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルトレーニングジム
「イマナミジム」トレーナーの
今浪勉です!

今回のブログは
スクワットのフォーム(膝の位置)
による効果の違いについて
お話します。

スクワットは
きをつけの状態から
しゃがんで立ち上がる動作を繰り返す
トレーニングで

自重スクワット

写真A↓のように
膝(赤丸)が
つま先(黄色線)より前に出る形で
行う事もできれば
 
写真B↓のように
膝(赤丸)が
つま先(黄色線)より後ろにある形で
行う事もできます。

スクワットをする男性

この膝の位置の違いによって
効果に違いが生まれます。

まずは、
強く刺激される筋肉についての違いです。

男子大学生、院生10名を対象に
つま先の向きを平行、足幅を肩幅でそろえ
違うフォーム(膝の位置)でスクワットを行う際の
筋肉の活動を調べた実験によると
 
Aのように膝を前に出して行う場合は
太モモの前側の筋肉である
大腿四頭筋が強く刺激され

Bのように膝を出さずに行う場合
背骨の横に有り、背筋を伸ばす働きが有る
脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)や
お尻の筋肉、大臀筋(だいでんきん)
太モモの裏側の筋肉、ハムストリングス
などが強く刺激されるという
結果が出ています。

筋肉説明

また、
刺激される筋肉以外に
関節への影響にも違いがあり

Aのようなスクワットでは膝の関節に
Bのようなスクワットでは腰の関節に
より負荷がかかります。

膝や腰に不安が有る方は
この点も考えながらフォームを選びましょう。
 
というわけで
膝の位置の違いによる
スクワットの効果の違い
についてのお話でした!

こちら↓の記事もおススメです!
タイトルクリックでご覧頂けます。

「スクワットで腰を痛めない為の注意点!
しゃがむ深さについて!」

「ダンベルスクワットのやり方と
おススメのダンベルの持ち方!」

「ハムストリングスを刺激する為の
デッドリフトのやり方!(フォーム)」

ではでは 
本日はこの辺で
失礼致しマッスル!\(^o^)/