ダンベルスクワットのやり方とおススメのダンベルの持ち方!

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルトレーニングジム
「イマナミジム」
トレーナーの今浪勉です!

今回のブログは
ダンベルスクワットのやり方と
おススメのダンベルの持ち方!
についてお話します。

スクワットは
気を付けの状態から
しゃがんで立ち上がる動作を繰り返す
トレーニングで

自重スクワット

お尻の筋肉や
太ももの筋肉など
下半身の多くの筋肉を
一度に刺激する事ができ

脚痩せやヒップアップはもちろん
ダイエットにもおススメの
トレーニングです。

スクワットは
非常に力の出しやすい
トレーニング種目なので
体力がついてくると

自分の体だけで行う
自重スクワットでは
負荷が足りなくなります。

ここでおススメなのが
ダンベルを持って行う
ダンベルスクワットです!

通常、
ダンベルスクワットでは
両手にダンベルを持ち
体の横にぶら下げた状態で
スクワットを行います。

ダンベルスクワット

こうする事で
下半身の筋肉に
より強い(思い)刺激を
与える事ができるのですが

さらに体力がつき
重たいダンベルを使うようになると
ダンベルが大きくなり

スクワットを行う際に
ダンベルと足が当たって
しゃがみにくくなります。

この解決策として
タオルを使う方法がおススメです!

ダンベルにタオルなどを結び
体の前にぶら下げた状態で
スクワットを行う事で
ダンベルが足に当たるのを
防ぐ事ができます。

タオルを使ったダンベルスクワット

(スポーツタオルなど
長めのタオルを使い
手のひらに巻き付けると
握りやすいです)

タオルを使う事で
しゃがんだ時に
ダンベルが床に当たってしまう場合は
ステップ台などを使う事で
防ぐ事ができます。

台を使ったダンベルスクワット

因みに、
腰を丸めた状態で
ダンベルを持ち上げると
腰を痛める事があるので

最初にダンベルを持ち上げる時は
しっかりと腰を下ろし
背すじを伸ばした状態で
持ち上げるようにしましょう。

ダンベル持ち方

というわけで
ダンベルスクワットで
ダンベルが足に当たるときは
タオルなどを使ってみましょう!
というお話でした。

こちら↓の記事もおススメです!
タイトルクリックでご覧頂けます。

「スクワットで腰を痛めない為の注意点!
しゃがむ深さについて!」

「筋トレマシンとダンベル
(フリーウェイト)の違いについて!」

「バーベルベンチプレスと
ダンベルベンチプレスの違いについて!」

ではでは
本日はこの辺で
失礼致しマッスル!\(^o^)/