デッドリフトは背中?脚?どっちのトレーニング?

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルトレーニングジム
「イマナミジム」トレーナーの
今浪勉です!

今回のブログは
デッドリフトで
どちらのトレーニングか?
についてお話致します。
 
デッドリフトは
床やラックなどに置いた重りを
気を付けの状態まで
持ち上げるトレーニングです。

デッドリフトを行う男性

このトレーニングは
やり方(フォーム)によって
強く刺激される部位が変わるので
目的に合わせ、やり方を
変える必要があります。
 
例えば、
太ももの裏側の筋肉(ハムストリングス)や
お尻の筋肉(大臀筋)を
重点的に刺激したい場合には
↓右側のように膝をあまり曲げずに行う
ルーマニアンデッドリフトがおススメです。

ルーマニアンデッドリフト説明

ルーマニアンデッドリフトは
膝をあまり曲げずに行うデッドリフトで
太ももの裏側の筋肉(ハムストリングス)を
よりストレッチする(伸ばす)事ができ

さらに、床から引いた場合よりも
太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)の
働きを減らす事ができるので
太ももの裏側の筋肉や、お尻の筋肉を
重点的に刺激することが出来ます。
 
ルーマニアンデッドリフトを行う際は
膝を少しだけ曲げ
背筋を真直ぐに保ったまま
上体を前傾させていき

「これ以上、下すと
背筋が丸くなってしまう」という所
背筋が丸くならない
ギリギリの所まで下し
しっかりと太ももの裏の筋肉を
伸ばす事がポイントです。
 
一方、デッドリフトで
背中の筋肉(広背筋)を
重点的に刺激したい場合は
ルーマニアンデッドリフトよりも
さらに高い位置でおこなう
トップサイドデッドリフトがオススメです。

トップサイドデッドリフト

トップサイドデッドリフトは
膝を軽く曲げ
背筋を真直ぐにしたまま
上体を倒していき
太ももの裏側に
伸びる感じが少し入った時点で切り返します。

ルーマニアンデッドリフトほど深く下さず
太ももの裏側の筋肉を
強く伸ばし過ぎないようにする事が重要です。
 
またトップサイドデッドリフトでは
バーベルを広めの幅で握る事で
より広背筋を刺激することが出来ます。

デッドリフトで広背筋を
上手く刺激できない方は
ぜひ試してみてください。
 
因みに、私の場合
ルーマニアンデッドリフトは
バーベルが膝の少し下まで

トップサイドデッドリフトは
バーベルが膝の少し上に
来る高さまで下す事になり

この高さの違いが
デッドリフトでどこを重点的に
刺激するかの違いになります。
 
もちろん、
バーベルを床に置いた状態から行う
デッドリフトも悪いわけではありませんが

バーベルを床に置いた時の高さは
プレート(重り)の半径など
使っている道具によって決まり

この高さは、刺激したい部位や
体形などに関係ない高さなので
刺激したい部位が決まっている時は
それに合わせたデッドリフトを
行う事をおススメ致します。
(競技としてのデッドリフトは
床に置いた状態から持ち上げます)
 
というわけで
デッドリフトにはいろいろな
やり方(フォーム)があり
それぞれ強く刺激される部位が違うので
目的に合わせて使い分けましょう!
というお話でした!

こちら↓の記事もおススメです!
タイトルクリックでご覧頂けます。

「デッドリフトでの胸の張り方
(どこまで体を起こすか)について!」

「デッドリフトで
背中の筋肉(広背筋)が刺激される理由!」

「ハムストリングスを刺激する為の
デッドリフトのやり方!(フォーム)」

ではでは
本日はこの辺で
失礼致しマッスル!\(^o^)/