ハムストリングスを刺激する為のデッドリフトのやり方!(フォーム)

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルトレーニングジム
「イマナミジム」トレーナーの
今浪勉です!

今回のブログは
ハムストリングを刺激する為の
デッドリフトのやり方!
についてお話します。

デッドリフトは
床やラックに置いた重りを
持ち上げ、上げ下ろしを繰り返す
トレーニング↓で

デッドリフト説明

どの筋肉を刺激するかによって
いといろなやり方がありますが

今回は太ももの裏側にある
ハムストリングスという
筋肉を刺激する為のフォーム
(やり方)をご紹介します。
ハムストリングス↓

ハムストリングス

デッドリフトで
ハムストリングスを刺激する為に
重要な事は

バーベルを下した時に
ハムストリングスを
しっかりストレッチする(伸ばす)事で

その為に重要なポイントが
4つあります。

まず、
1つめのポイントは
バーベルを深く下ろす事です。

バーベルをしっかり下まで
下ろす事でハムストリングスが
伸ばされ強く刺激できます。

具体的には
太ももの裏側(ハムストリングス)に
ピンと突っ張るような
感覚が出るところまで下ろします。

デッドリフト深さ比較

2つ目のポントは
膝を曲げすぎない事です。

ハムストリングスには
膝を曲げる働きがあり
膝を大きく曲げると
ハムストリングスが
縮んでしまうので

ハムストリングスを
刺激する為に
デッドリフトを行う場合は
あまり膝を曲げずに行います。

感覚としては
膝カックンをされた時のように
ほんの少しだけ曲げるか
柔軟性の高い方であれば
完全に膝を伸ばしたままで
行ってもOKです。

デッドリフト膝比較

3つ目のポントは
背すじを伸ばして行う事です。

ハムストリングスの
もう一つの働きは
股関節を動かす事です。

デッドリフトを行う際に
背すじを丸めて行うと
股関節の動きが小さくなり
ハムストリングスに
効きにくくなります。

ハムストリングスを狙って
デッドリフトを行う際は
背すじを伸ばし
股関節を折り曲げるように
行いましょう。

バーベルを下し過ぎる事も
背すじが丸くなる原因の1つです。
太ももの裏側に
ピンと張る感覚が出たら
それ以上、下ろさず
体を起こしていきましょう。

デッドリフト背すじ比較

4つ目のポイントは
カカトに体重をかける事です。

デッドリフトを行う際に
前のめりになり
つま先重心になると
ハムストリングスを
刺激しにくくなります。

ハムストリングスを狙って
デッドリフトを行う際は
カカトにしっかり体重をかけ
カカト重心で行いましょう。

以上、4点が
デッドリフトで
ハムストリングスを
刺激する際の
重要ポイントです!
ぜひ、やってみてください!

というわけで
デッドリフトで
ハムストリングスを
刺激したい時は
・下ろす深さ
・膝の角度
・背すじ
・カカト重心
に気を付けて行いましょう!
というお話でした。

コチラ↓の記事もおススメです。

「デッドリフトは背中?脚?
どっちのトレーニング?」

「デッドリフトで背中の筋肉
(広背筋)が刺激される理由!」

「デッドリフトでの胸の張り方
(どこまで体を起こすか)について!」

ではでは
本日はこの辺で
失礼致しマッスル!\(^o^)/