パンプアップとバルクアップの違いを、わかりやすく説明します!

トレーニングする女性

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルトレーニングジム
「イマナミジム」トレーナーの
今浪勉です!

今回のブログは
パンプアップと
バルクアップの違い
についてお話します!

私たちが
トレーニング(筋トレ)を行うと
刺激された筋肉に
体内の水分が集まってきて
一時的に(20~30分程度)
筋肉が膨れたような状態になり
少しだけ大きくなります。

この
筋肉が一時的に
大きくなった状態を
パンプアップといい

ボディビルダーは
筋肉の見栄えを良くする為
コンテスト直前にステージ裏で
筋肉をパンプアップさせる
トレーニングを行います。
 
一方、
バルクアップというのは
筋肥大とも言い
実際に筋肉自体が大きくなる事です。

パンプアップは
水分が増える事によって
一時的に筋肉が大きくなり
筋肉から水分が抜けると
すぐに元に戻りますが

バルクアップは
筋肉の細胞などが増えるので
一度、筋肉が大きくなると
すぐに元に戻る事はありません。

つまり、
パンプアップは
筋肉に水分が溜まり
一時的に膨れる事で
バルクアップは
筋肉自体が大きくなる事です。

トレーニングを行い
筋肉をパンプアップさせる事で
その筋肉がバルクアップ(筋肥大)
しやすくなるという効果があり

筋肉をパンプアップさせるには
軽い重さで沢山の回数を行うような
トレーニングがおススメですが

効率よくバルクアップする為には
パンプアップしやすい
低負荷、高回数のトレーニングだけでなく
ある程度高い負荷をかける
高強度、低回数のトレーニング
(10回前後で限界が来るような重さ)も
行う事がおススメです。

というわけで
パンプアップと
バルクアップの違い
についてのお話でした!

コチラ↓の記事もおススメです!
タイトルクリックでご覧頂けます。

マッスルメモリーは本当にある!
その仕組みを説明します!

筋トレで重りを上げる時よりも
下ろす時の方が大事な3つの理由!

筋トレでつけた筋肉は
使えない筋肉(見せ筋)なのか?

ではでは
本日はこの辺で
失礼致しマッスル!\(^o^)/