ヒップアップの為にゴムバンドを使ってスクワットを行う際の重要ポイント!

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルトレーニングジム
「イマナミジム」
(https://imanami-gym.com)
トレーナーの今浪勉です!

今回のブログは
ヒップアップの為に
ゴムバンドを使って
スクワットを行う際の
重要ポイント!
についてお話します。

スクワットは
気を付けの状態から
しゃがんで立ち上がる動作を
繰り返すトレーニングで

自重スクワット

大殿筋(だいでんきん)や
中殿筋(ちゅうでんきん)など
お尻の筋肉を強く刺激できる
ヒップアップにおススメのトレーニングです。

スクワットには
いろいろなやり方がありますが
ヒップアップが目的で有れば
ゴムチューブやゴムバンドなどを
足につけておこなう
チューブスクワットがおススメです。

チューブスクワット

実際に
筋電図(筋肉の働きを調べる機械)
を使って調べた実験でも

何もつけずに
スクワットを行うよりも
脚にゴムバンドをつけて行った方が
より強くお尻の筋肉(大殿筋)が
働いたという結果がでています。

この事から考えると
太ももにゴムバンドをつけて
スクワットを行った方が
お尻の筋肉(大臀筋)を
強く刺激できそうですが

実際にゴムバンドを使って
スクワットを行う際には
気を付けて頂きたい事が
2つ有ります。

1つ目は、
チューブをつける場所です。

筋電図を使った実験では

・ゴムバンド無しの場合

・ゴムバンドを
 太ももの上の方に付けた場合
 (緑線)

・ゴムバンドを
 太ももの真ん中に付けた場合
 (青線)

・ゴムバンドを
 太ももの下の方に付けた場合
 (黄線)

の4パターンが比較されており
太ももの下の方に
ゴムバンドを付けた場合に
お尻の筋肉(大臀筋)が
最も強く働いていたので

ヒップアップが目的の場合
ゴムバンドは太ももの
下側1/4程度の位置
下の画像の黄色い線の位置に
つけるのがおススメです。

チューブの位置説明図

ゴムバンドを使って
スクワットを行う際に
気を付けて頂きたい事の2つ目は
ゴムバンドの強さです。

ゴムバンドが強すぎて
スクワットでしゃがんだ際に
下の画像のように
膝が内側に入ってしまうと
膝をケガしてしまう事があるので
このような場合には
ゴムバンドを
柔らかい物に変えましょう。

膝説明図

また、ゴムバンドを付けた際に
スクワットをできる回数が
大きく減ってしまう場合は
お尻の筋肉(大臀筋)への刺激が
減っている可能性があるので

この場合は、
スクワットの回数が減らない硬さの
ゴムバンドに変える事を
おススメします。

というわけで
ヒップアップを目的に
ゴムバンドを使って
スクワットを行う際は

ゴムバンドを付ける位置と
ゴムバンドの固さに
気を付けて行いましょう!
というお話でした。

コチラ↓の記事もおススメです!
タイトルクリックでご覧頂けます。

「ブルガリアンスクワットで
おしりをヒップアップするやり方!」

「デッドリフトは背中?脚?
どっちのトレーニング?」

「筋トレマシンとダンベル
(フリーウェイト)の違いについて!」

ではでは
本日はこの辺で
失礼致しマッスル!\(^o^)/