ベンチプレスを1人で安全かつ効果的に行う方法(注意点)!

ベンチプレスを行う男性

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルジム「イマナミジム」
トレーナーの今浪勉です!

イマナミジムのホームページはコチラ↓
imanami-gym.com

今回のブログは
ベンチプレスを1人で
安全かつ効果的に行う方法!
についてお伝えします。

ベンチプレスは
ベンチ(トレーニング用のシート)に寝た状態で
バーベルやダンベルなどの
重りを持ち上げるトレーニングで

胸の筋肉(大胸筋)
二の腕の筋肉(上腕三頭筋)
肩の筋肉(三角筋)
などを鍛える事ができます。

大胸筋のイラスト
上腕三頭筋のイラスト
三角筋のイラスト

バーベルを使って行うベンチプレスを
バーベルベンチプレスと言い

バーベルベンチプレスを
1人で安全かつ効果的に行う為には
セーフティバーを正しく使う事が
非常に重要です!

セーフティバーというのは
ベンチプレスを行う際に使う
ストッパーの事で
下の画像の青丸の部分の事です。

セーフティバーの説明1
セーフティバーの説明2

使用するベンチ台やラックによって
形が多少違いますが
基本的にはベンチの左右に有り
高さの調節ができるようになっています。

このセーフティーバーの高さを
バーベルをセーフティバーに置いた際に
ベンチとバーベルの間に
自分の体が挟まらない高さに
設定する事で

自分の体に
バーベルが落ちる事故を防ぐ事ができ
1人でも安全に
ベンチプレスを行う事が出来ます。

また、
ベンチプレスを
より効果的に行う為にも
セーフティバーを使用する事が重要です!

ベンチプレスに限らず
筋トレを効率良く行うには
全力を出し切る必要があり

ベンチプレスの場合
バーベルを下した状態で
力尽きてしまうと
バーベルとベンチの間に
体が挟まってしまいますが

セーフティバーを使用する事で
体が挟まる心配が無くなり
力尽きるまで
全力でトレーニングを行う事が
できるようになります。

このように
ベンチプレスを
安全に行う為にも
効率よく行う為にも
非常に重要な物なので

1人でベンチプレスを行う際は
必ずセーフティバーを
使用するようにしましょう!

というわけで
ベンチプレスを
安全に効率よく行う方法
についてのお話でした!

こちら↓の記事もおススメです!
タイトルクリックでご覧頂けます。

「ベンチプレスで
床に足が届かない(足が浮く)時の対処法!」

「バーベルベンチプレスと
ダンベルベンチプレスの違いについて!」

「ベンチプレスでバーベルを
胸につけなくても良い理由を説明します!」

ではでは 
本日はこの辺で 
失礼致しマッスル!\(^o^)/