マッスルメモリーは本当にある!その仕組みを説明します!

トレーニングする女性

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルトレーニングジム
「イマナミジム」トレーナーの
今浪勉です!

今回のブログでは
マッスルメモリーの仕組み
についてお話します。

習慣的に
トレーニングを行う事で
筋肉が大きくなりますが

トレーニングを止めると
日が経つにしたがって
段々と筋肉は小さくなり
元の大きさに
戻ってしまいます。

ですが、
再びトレーニングを始めると
最初にトレーニングを行った時よりも
速いスピード(短い期間)で
筋肉が大きくなります。

この、最初よりも
速いスピード(短い期間)で
筋肉が大きくなる事を
マッスメモリーと言い

マッスルメモリーの効果は
一度しっかり筋肉をつけると
トレーニングを止めても
10年以上続くと言われています。

では、
なぜトレーニングを再開した際に
筋肉が増えやすくなるのでしょうか?

これには、
筋肉が大きくなる仕組みが
関係しています。

筋肉は
筋線維という糸状の物が
束になってできており

筋肉が大きくなる際は
この筋線維1本1本が大きくなる事で
筋肉全体が大きくなります。

筋線維はどこまでも
大きくなれるわけではなく
ある程度大きくなると

それ以上
大きくなるには
新しい筋線維と
細胞の中にある
「核」という器官を
作る必要があり

ここで登場するのが
サテライト細胞です。

サテライト細胞は
筋線維の周りに張り付いている
筋線維の元になる細胞で

日頃は眠った状態にありますが
トレーニングを行うと目覚め
新しい筋線維と核を作り
筋肉が大きくなります。

一度、筋肉が大きくなっても
トレーニングを止めると
筋線維は細くなり
筋肉は小さくなりますが

筋線維の中にある
核の数は減らず
次にトレーニングを再開する時は

すでに核が増えた状態から
トレーニングを始める事ができるので
最初にトレーニングをした時よりも
筋肉が増えやすくなります。

つまり、
筋肉を大きくする為には
細胞の中の「核」を
増やす必要があり

一度、増えた核は
トレーニングを止めても
数が少なくならないので

トレーニングを再開した際に
筋肉が増えやすくなる
という事です。

トレーニングはできるだけ
継続して行う事が望ましいですが
中断して筋肉が小さくなっても
効果が完全に消えてしまう
わけではありません。

中断する期間を挟みながらでも
ぜひトレーニングを行う事を
おススメ致します!

というわけで
マッスルメモリーの仕組み
についてのお話でした!

コチラ↓の記事もおススメです!
タイトルクリックでご覧頂けます。

パンプアップとバルクアップの違いを
わかりやすく説明します!

トレーニング(筋トレ)は
重さとフォームどちらが優先?

筋トレマシンとダンベル
(フリーウェイト)の違いについて!

ではでは
本日はこの辺で
失礼致しマッスル!\(^o^)/