ワンハンドロウイングで広背筋を刺激する為の肘の角度について!

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルトレーニングジム
「イマナミジム」トレーナーの
今浪勉です!

今回のブログは
ワンハンドロウイングで
広背筋を刺激する際の
肘の角度についてお話します。

ワンハンドロウイングは
片手をベンチなどに置き
もう一方の手に持った
ダンベルを上げ下ろしする
トレーニングで

ワンハンドロウ説明

主に広背筋(背中の筋肉)を
鍛えるトレーニング種目です。

広背筋

ワンハンドロウで
効率的に広背筋を刺激するには
ダンベルを持ち上げた際の
肘の角度が重要で

上腕(肩から肘まで、赤線)が
床と平行になった時に
肘の角度が90°になるように
ダンベルを持ち上げると
効率よく広背筋を刺激できます。

ワンハンドロウイング見本

肘を曲げ過ぎて
肘の角度が小さくなると
上腕二頭筋や上腕筋などに

肘を伸ばし過ぎて
肘の角度が大きくなると
上腕三頭筋に
負荷が逃げてしまい

ワンハンドロウイング肘伸ばし過ぎ

広背筋を
上手く刺激できなくなります。

肘の角度が
わかりにくい場合は
下の写真のように

常に肘(赤丸)の真下に
ダンベル(黄丸)がくるように
意識して行うと
自然と肘の角度も
ちょうど良くなり
広背筋を効率よく
刺激できるのでおススメです。

ワンハンドロウイング連続写真

というわけで
ワンハンドロウイングは
肘の角度に気を付けながら
行いましょう!
というお話でした。

こちら↓の記事もおススメです。
タイトルクリックでご覧頂けます。

懸垂(けんすい)ができるようになる練習方法!
チューブチンニング(懸垂)について!

デッドリフトは背中?脚?
どっちのトレーニング?

筋トレでつけた筋肉は
使えない筋肉(見せ筋)なのか?

ではでは 
本日はこの辺で 
失礼致しマッスル!\(^o^)/