中年になると太りやすくなる(中年太りの)原因とその対処法!

太っている女性

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルトレーニングジム
「イマナミジム」トレーナーの
今浪勉です!

今回のブログでは
中年太りの原因と
その対処法についてお話します。

中年になると太りやすくなる
大きな原因の1つが
加齢とともに筋肉が減り
基礎代謝(きそたいしゃ)が
低くなってしまう事です。 

基礎代謝というのは
呼吸をしたり
心臓を動かしたり
体温を保ったりなど
生きていく為に使う
カロリーの事で
1日に消費するカロリーの内
約60%を基礎代謝がしめています。

特に運動をしなくても
じっとしているだけで
毎日、必ず消費される物なので
太りにくい体を維持する為には
この基礎代謝を
高く保つ事が非常に重要です。
 
基礎代謝の内
約60%は筋肉によるものなので
60%×60%=36%で
1日に消費するカロリーの内
約36%は筋肉が消費しています。

運動などの
活動で使っているカロリーが
1日で消費するカロリーの内
約20~30%程度
だという事を考えると
筋肉がいかに多くの
カロリーを消費しているかが
わかります。

因みに、
36%というのは最低限の話で
実際はカロリー消費の
約40%程度は
筋肉によるものだと考えられます。

これだけ多くのカロリーを
消費してくれる筋肉ですが
普通に生活をしていると
30歳頃から段々と減りはじめ
70代になる頃には
約3分の2程度に減ってしまい

太ももやお尻など
加齢によって
特に筋肉が減りやすい場所では
30代頃と比べて70歳頃には
約半分になってしまうとも
言われています。

このように加齢とともに
筋肉が減り
それにともなって
基礎代謝が低くなり
1日で消費されるカロリーが
少なくなってしまう事が

中年になると
太りやすく痩せにくくなる
中年太りの大きな原因です。

これを防ぐのには
筋肉を維持する事が重要で
その為には
筋力トレーニングが
非常に効果的です。
 
定期的に筋トレを行い
肉や魚などのタンパク質を
しっかり摂る事で
加齢による筋肉の減少が防げ
基礎代謝の高い
痩せやすく太りにくい体を
維持する事ができます。

つまり、
筋トレをして
タンパク質を摂る事で
中年太りを防ぐことができる!
ということです。

というわけで
中年太りの原因は
加齢による筋肉の減少
筋トレで中年太りを防ぎましょう!
というお話でした!

コチラ↓の記事もおススメです!
タイトルクリックでご覧頂けます。

筋トレとウォーキング(有酸素運動)
どっちが痩せる?ダイエットにはどっちがおススメ?

お肉(タンパク質)が
お米(炭水化物)よりも太りにくい理由!

サウナやサウナスーツで
汗をかいても痩せない(脂肪が減らない)理由!

ではでは
本日はこの辺で
失礼致しマッスル!\(^o^)/