体重計によって体脂肪率が違うのはなぜ?

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区のパーソナルトレーニング専門ジム
「イマナミジム」トレーナーの
今浪勉です!

今回のブログは
使う体重計によって
体脂肪率が違う理由!
についてお話します。

体重計

体重計の体脂肪測定機能は
あなたの体(体重)のうち
何%が脂肪なのかを量る機能ですが

同じ人が量っても
使用する体重計によって
体脂肪率が違って出る事があります。

この原因は、
体重計によって
電気の流れ方が違うからです!
 
脂肪と筋肉などでは
含まれてる水分の量が違うので
電気の流れやすさも違います。

体重計は
体に弱い電気を流し
電気の流れやすさを測る事で
脂肪などの量を予測しおり
この測定方法を
インピーダンス法と言います。

体重計によって
電気の流れ方が違うので
体脂肪率にも違いが
出てしまうのです。
 
この他にも
測定するタイミング等も関係しており
例えば、食後は体脂肪率が高めに
運動後は低めに出る事が多く
これは体内の水分が
お腹に集まっているか
筋肉に集まっているかで
電気の流れ方が違う為です。
 
なので、運動前と後など
1日に何度も体脂肪率を量って
増えた!減った!というのは
あまり意味がありません。
 
体脂肪率を量る場合は
量るタイミングや体重計など
なるべく同じ条件で測る事を
おススメします!
 
また、体脂肪率は
標準的体型で計算されるので
手足が長いなど体形が
標準体型から
大きく離れている人は
誤差も大きくなります。
 
このような事があるので
体脂肪測定機能は体脂肪率が
何%だから良い!悪い!ではなく
体脂肪が増えているのか?
減っているのか?の
目安程度に考えましょう。
 
というわけで
体脂肪率が違って出るのは
電気の流れ方が違うから!
なるべく毎回同じ条件で測定しましょう!
というお話でした!

こちら↓の記事もおススメです!

「燃えた脂肪は最終的にどうなる?
脂肪燃焼の仕組みについて!」

「ダイエットにおススメの
脂肪燃焼サプリメント!
カルニチンについて!」

「サウナやサウナスーツで
汗をかいても痩せない
(脂肪が減らない)理由!」

ではでは 
本日はこの辺で 
失礼致しマッスル!\(^o^)/