懸垂(けんすい)ができるようになる練習方法!チューブチンニング(懸垂)について!

ご覧の皆様こんにちは!
北九州市小倉南区の
パーソナルトレーニングジム
「イマナミジム」トレーナーの
今浪勉です!

今回のブログは
懸垂(けんすい)が
できるようになる練習方法!
チューブチンニング(懸垂)
についてお話します。

チンニング(懸垂)は
背中の筋肉(広背筋など)を
刺激するトレーニングとして
効果が高くおススメの種目ですが

自分の体重が重りになるため
筋力の弱い女性や
トレーニングを
始めたばかりの方の場合
1回もできない事も
珍しくありません。
懸垂↓

懸垂説明

このような場合に
おススメの練習方法が
チューブチンニングです。

チューブチンニングは
このような形で↓
バーにチューブを結び

チューブ結び方説明

チューブの
ぶら下がっている輪の部分を
膝にや足の裏に引っ掛けた状態↓で行う
チンニング(懸垂)です。

チューブ膝
チューブつま先

チューブが縮む力を使う事で
筋力の弱い方でも
チンニングを行う事ができます。

膝よりも足の裏に
チューブを引っ掛けた方が
楽に行う事ができるので
まずは足の裏に引っ掛けて行い

ある程度
回数がこなせるようになったら
膝に引っ掛けるようにして
さらに回数ができるようになれば
チューブを細い(弱い)ものに変えるか
チューブ無しで行うようにします。
 
チューブは
エクササイズチューブや
フィットネスチューブなどで
ネット検索すると
すぐに見つかると思います。

チューブ無しで
チンニングの練習をしたい場合には
足元に台などを置き
体を持ち上げた状態までは
ジャンプして体を持ち上げ

そこから、筋力を使って
ゆっくり下りてくる
ネガティブチンニングも
おススメです。

というわけで
チンニングをしたいけど
筋力不足で上手くできない時は
チューブチンニングがおススメですよ!
というお話でした!

こちら↓の記事もおススメです!
タイトルクリックでご覧頂けます。

「デッドリフトで背中の筋肉
(広背筋)が刺激される理由!」

「ワンハンドロウイングで
広背筋を刺激する為の肘の角度について!」

「スクワットで腰を痛めない為の注意点!
しゃがむ深さについて!」

ではでは 
本日はこの辺で 
失礼致しマッスル!\(^o^)/