筋トレでつけた筋肉は本当に使えない筋肉(見せ筋)なのか?

悩んでいる女性

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルトレーニングジム
「イマナミジム」トレーナーの
今浪勉です。

今回のブログは
筋トレでつけた筋肉は
本当に使えない筋肉なのか?
についてお話します。

皆さんも
スポーツでつけた筋肉は
使える筋肉で
筋トレでつけた筋肉は使えない
見せかけの筋肉だという話を
聞いた事があるかもしれませんが
これは大きな間違いです。

筋肉の主な役割は
体(関節)を動かす力を出す事で
基本的には筋肉が
大きければ大きいほど
強い力を出す事ができ

筋肉が関節を動かす仕組みは
スポーツでつけた筋肉も
筋トレでつけた筋肉も同じなので

どちらの方法で
付けた筋肉であっても
同じように使うことができます。

では、
筋トレで付けた筋肉が
使えない筋肉と言われてしまうのは
なぜでしょうか?

これには、
いくつかの原因が考えられ
その内の1つが
筋肉の使い方をわかっていない事です。

筋トレを行う事で
筋肉が増え力も強くなりますが
スポーツなどの動作での使い方は
筋トレだけでは上手くなりません。

例えば、
力の弱い軽自動車が
力の強いスポーツカーになっても
運転手の運転技術が上手くならなければ
レースで速く走ることはできません。

体もこれと同じで
筋トレで筋肉が増え
力が強くなっても
筋肉の使い方が
上手くならなければ
スポーツなどで
生かす事ができない為

筋トレで付けた筋肉は
使えない筋肉だと
言われてしまいます。

筋トレでつけた筋肉を
上手く使えるようになるには
筋トレとあわせて
クイックリフトと呼ばれる
瞬発力を鍛えるような
トレーニングを行ったり
実際にスポーツの練習を
行う事が重要です。

また、
ボディビルダーの方が
他のスポーツで
強いわけではないので

筋トレでつけた筋肉は
見せかけの筋肉”見せ筋”だと
言われる事もあります。

これも先程の内容と同じで
ボディビルダーの方は
筋肉を増やすトレーニングは
されていますが

その他のスポーツで
筋肉を使う練習は
していないので
上手く使う事が出来ないだけで
筋肉自体が使えない筋肉
というわけではありません。

実際に、
筋トレを行うと
他のスポーツ選手よりも
ボディビルダーの方が
重たい重りを持つ事ができる場合も
多くあります。

つまり、
どのような方法でつけた場合も
筋肉自体に違いは無く
その筋肉を
使う練習をしているかどうか?によって
筋肉を使えるのか?
筋肉を使えないのか?
に違いが出るという事です。

筋肉に違いがないのであれば
初めからスポーツをして
筋肉をつければ良いように思えますが

筋肉を増やすという事においては
スポーツを行うよりも
筋トレを行う方が
より効率的に増やす事ができるので

筋肉を増やしたい場合は
筋トレを取り入れる事を
おススメ致します。

というわけで
使えない筋肉は存在しない!
筋肉を使う練習をしているか?
していないか?の違いです!
というお話でした。

ではでは
本日はこの辺で
失礼致しマッスル!\(^o^)/