筋トレで重りを上げる時よりも下ろす時の方が大事な3つの理由!

トレーニングする女性

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルトレーニングジム
「イマナミジム」トレーナーの
今浪勉です!

今回のブログは
筋トレを行う際は
重りを持ち上げる時よりも
下ろす時の方が大事な理由
についてお話します。

トレーニング用語で
筋トレを行う際に
重りを持ち上げている
タイミングの事をポジティブ
下ろしているタイミングの事を
ネガティブと言い

筋トレの効果を
効率よく得るには
基本的にネガティブ(重りを下す時)を
ゆっくり丁寧に行う事が重要です。

今回は
筋トレでネガティブ
(下ろす時)が大事な理由を
3つご紹介いたします。
 
筋トレでネガティブ
(下ろす時)が大事な理由①

「筋肉に傷がつきやすい」

筋トレを行い
筋肉に小さな傷がつく事で
筋肉が発達しやすくなるのですが

重りを上げる時よりも
重りを下す時の方が
筋肉に傷がつきやすいので
上げる時よりも
下ろす時が大事になります。

 

筋トレでネガティブ
(下ろす時)が大事な理由②

「速筋線維が優先的に使われる」

筋肉は
筋線維という糸状の物が
束になってできており

筋線維には大きく分けて
瞬発力に優れている
速筋線維(そっきんせんい)と

持久力に優れている
遅筋線維(ちきんせんい)の
二種類があります。

ダイエットやボディメイクでは
速筋線維を刺激する事が重要で
重りを上げる時よりも
重りを下す時の方が

速筋線維が
優先的に使われるので
下ろす時の方が重要です。

 

筋トレでネガティブ
(下ろす時)が大事な理由③

「ケガをしにくい」

筋トレで重りを下す時に
急に力を抜き過ぎると
関節や筋肉を傷めたり
ダンベル等が体に当たって
ケガをする恐れがあります。

重りをゆっくり下す事で
このようなケガを防ぐ事ができます。
(筋トレは正しく行えば非常に安全な運動です)
 
このような
3つの理由から
筋トレを行う際は
重りを上げる時よりも
下ろす時の方が大事になります。
 
もちろん、
わざと体を素早く動かす
トレーニングもあるので
素早く動く事が
間違いではありませんが

初めて筋トレを行う方は
筋トレの効果を
効率よく得る為にも
ケガを防ぐ為にも
重りを下す時に1回2秒程度かけ
ゆっくり下す事をおススメ致します。
 
というわけで
筋トレを行う際は
重りを上げる時よりも
重りを下す時の方が大事!
特に初心者の方は
丁寧にゆっくり下ろしましょう!
というお話でした!

ではでは 
本日はこの辺で 
失礼致しマッスル!\(^o^)/