筋トレマシンとダンベル(フリーウェイト)の違いについて!

ダンベルでトレーニングする女性

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルトレーニングジム
「イマナミジム」トレーナーの
今浪勉です!

今回のブログは
筋トレマシンを使った
マシントレーニングと
ダンベルやバーベルなどを使った
フリーウェイトトレーニングの
違いについてお話します。

マシントレーニングと
フリーウェイトトレーニングには
それぞれ違った特徴
(メリット、デメリット)があります。
 
まずは、
マシントレーニングの
特徴からお話します。

筋トレマシンを使かった
トレーニングの
最大のメリットは
簡単に安全なトレーニングが
できる事です。
 
ほとんどのトレーニングマシンは
シート(座席)の高さなどを設定すれば
あとは、グリップを持って
押すだけ、引くだけ
膝を曲がった状態から伸ばすだけ
など簡単に使う事ができます。
 
さらに、
もしトレーニング中に
手が滑っても
重りなどが自分の体に
落ちてこないように(当たらないように)
作られている物がほとんどなので
トレーニング初心者の方も
安全に使う事ができ
これがマシントレーニング
最大のメリットです。
 
逆に、
マシントレーニングのデメリットは
重りを下す時(ネガティブ)の負荷が
軽くなってしまうことです。
 
トレーニング(筋トレ)では
重りを持ち上げる時を
ポジティブと言い
重りを下す時を
ネガティブと言います。

ネガティブの方が
より筋肉を刺激しやすく
発揮できる筋力も強いのですが

多くのトレーニングマシンでは
構造上、摩擦によって
ネガティブ(重りを下ろす時)の方が
負荷が軽くなり
筋肉への刺激が
弱くなってしまいます。

さらに、
マシントレーニングには
身長の高い、低いなど
マシンの設計と
体のサイズが合わない場合
対象の筋肉に
適切に負荷をかける事が難しい
というデメリットもあります。
 
一方、
ダンベルやバーベルなどを使った
フリーウェイトトレーニングのメリットは
ネガティブ(重りを下す時)も
負荷が軽くならない事です。
 
先程、
お伝えしたように
筋トレではネガティブの刺激が重要です。

フリーウェイトトレーニングでは
ポジティブ(重りをおげる時)と
ネガティブ(重りを下げる時)
どちらも同じように
負荷をかける事ができます。

また、
フリーウェイトトレーニングでは
器具のサイズに
体を合わせる必要が無い為
ほとんどの場合
身長の高い低いなど関係なく
適切に負荷をかける事ができる
というメリットもあります。

反対に、
フリーウェイトトレーニングの
デメリットは
マシントレーニングと比べて
正しく行う事が難しいという点です。

フリーウェイトトレーニングを
正しく安全に行う為には
器具の使い方や
トレーニングを行う際の
正しいフォームを覚える必要があり

間違った方法での
トレーニングを続けていると
ケガをする可能性があるので
注意が必要です。

このように
マシントレーニングと
フリーウェイトトレーニングには
それぞれメリット
デメリットがありますが

どちらのトレーニングも
正しく行えば
トレーニング効果を
得る事ができます。

トレーニング初心者の方の場合
ダンベルやバーベルなどを使った
フリーウェイトトレーニングを
自己流で正しく行う事は難しい為

まずはマシントレーニングから
始めるか
フリーウェイトトレーニングを
行う際は
トレーナーの指導を
受ける事をおススメ致します。

というわけで
マシントレーニングと
フリーウェイトトレーニングの
特徴の違いについてのお話でした!

ではでは
本日はこの辺で
失礼致しマッスル!\(^o^)/