腕立て伏せで手首が痛くなる原因と痛くならないやり方!

腕立て伏せを行う男性1

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルジム「イマナミジム」
トレーナーの今浪勉です!

イマナミジムのホームページはコチラ↓
imanami-gym.com

今回のブログは
腕立て伏せで手首が痛くなる原因と
手首が痛くならない腕立て伏せのやり方!
についてお伝えします。

早速ですが
腕立て伏せを行った際に
手首が痛くなる原因の多くは
手首を反らせる方向に
強い負荷がかかっている事です。

解剖学では
手首を手のひら側に曲げる動きを
掌屈(しょうくつ)
手の甲側に反らせる動きを
背屈(はいくつ)と言い

底屈と背屈の説明

通常、手首を曲げる事が出来る角度は
掌屈側(手のひら側)に約90°
背屈側(手の甲側)に約70°程度です。

このように、
手首の関節は元々
手の甲側に大きく反らせにくい
構造をしているので

腕立て伏せを行う際に
手首を反らせる方向に強い負荷がかかると
手首を痛めやすくなります。

腕立て伏せを行う際に
手首を大きく反らせてしまう原因の多くは
手を手前に置き過ぎる事です。

通常、腕立て伏せを行う際は
肘を伸ばして体を持ち上げた時に
肩の真下に手のひらを置くと良いですが

手のひらを手前に置き過ぎると
肘を曲げて体を下した際に
手首が大きく反る事になり
痛めやすくなってしまいます。

肩の真下に手を置いた場合と
肩よりも手前に手を置いた場合の
画像↓を見比べて頂くと

手を手前に置いた場合の方が
身体を下した時に
手首を反らせる角度が
大きくなっているのがわります。

腕立て伏せを行う男性2
腕立て伏せを行う男性3

このように
腕立て伏せを行う際に
手を手前に置き過ぎると
手首を痛める事があるので

腕立て伏せを行う際は
肩の真下に手を置くように
気を付けましょう。

また、
肩の真下に手を置いていても
手首が痛くなるという方には
プッシュアップバー↓をおススメ致します。

プッシュアップバー

プッシュアップバーは
腕立て伏せ(プッシュアップ)を行う際に
手の下に置いて使用する
トレーニングアイテムで

プッシュアップバーを使う事により
腕立て伏せで体を下した際に
手首を反らせる角度を小さくなり
手首の負担を減らす事ができます。

プッシュアップバーを使った腕立て伏せ
プッシュアップバー比較画像

というわけで
腕立て伏せで手首が痛くなる原因は
手首を反らせ過ぎている事!
腕立て伏せを行う際は
肩の真下に手のひらを置くようにしましょう!
プッシュアップバーもおススメです!
というお話でした。

腕立て伏せに関する
コチラ↓の記事もおススメです!

腕立て伏せ(プッシュアップ)の
負荷を上げる方法、下げる方法!

「腕立て伏せで腰が痛い原因と
腰が痛くならないやり方!」

腕立て伏せで脇が痛くなるのは
前鋸筋の筋肉痛!

ではでは 
本日はこの辺で 
失礼致しマッスル!\(^o^)/