腕立て伏せ(プッシュアップ)のレベル(負荷)調節の方法について!

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルトレーニングジム
「イマナミジム」トレーナーの
今浪勉です!

今回のブログは
腕立て伏せ(プッシュアップ)の
レベル調節について
お話します。

腕立て伏せ(プッシュアップ)は
胸の筋肉(大胸筋)や
二の腕の筋肉(上腕三頭筋)などを
刺激するトレーニングで

ダンベルなどの道具を使わずに
行う事ができるので
自宅でのトレーニングにも
おススメの種目ですが
自分の体重が重りになる為

体重の重たい方や
力が弱い方の場合
通常の腕立て伏せ↓を行う事が
難しい場合があります。

腕立て伏せ

この場合は
膝をついた状態での
腕立て伏せ↓がおススメです。

膝を曲げた腕立て伏せ

膝をついて行う事で
通常の腕立て伏せよりも
楽に行う事ができますが

それでも
まだ難しいという方には
テーブルなどを使い立った状態での
腕立て伏せ↓がおススメです。

立った状態の腕立て伏せ

立って行う事で
膝をついた状態よりも
さらに楽に行う事ができます。

この場合
手を置くテーブルなどが
動かないように
気を付けましょう。

通常の腕立て伏せが
キツ過ぎてできない場合は
立った状態や
膝をついた状態から初め
慣れてきたら
1つずつキツイ状態にしていきます。

逆に、
通常の腕立て伏せでは
負荷が足りない場合には
カバンを背負った状態での
腕立て伏せ↓がおススメです。

カバンを背負った腕立て伏せ

大きめのカバン(リュック)に
本や水の入ったペットボトルなど
重りになる物を入れ
背負った状態で行う事で
腕立て伏せの負荷を高めます。

レベルアップの目安としては
20回×3セット行う事ができたら
1つ上のレベルの腕立て伏せに
チャレンジしてみましょう!

というわけで
ご自分の体力にあった
腕立て伏せを選んで
ボディメイクに役立てましょう!
というお話でした。

こちら↓の記事もおススメです。
タイトルクリックでご覧頂けます。

「腹筋運動で太ももや股関節が
痛くなる原因と対処法!」

「燃えた脂肪はどこへ行く?
脂肪燃焼の仕組みについて説明します!」

「筋トレとウォーキング(有酸素運動)
どっちが痩せる?ダイエットにはどっちがおススメ?」

ではでは 
本日はこの辺で 
失礼致しマッスル!\(^o^)/