15年間プロテインを飲み続けた男性の血液検査結果が衝撃的!?

プロテイン

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルジム「イマナミジム」
トレーナーの今浪勉です!

トレーニング指導を行う中で
「プロテインを飲むと肝臓や腎臓など
内臓への負担になりまんせんか?」
というご質問を頂く事があります。

そこで、
今回のブログでは
1つの例として
15年間プロテインを飲み続けた男性の
血液検査結果をご紹介致します。

早速ですが
15年間プロテインを飲み続けた男性は
私、パーソナルトレーナー今浪勉、本人です。

私は19歳でスポーツジムに入社後
すぐにプロテインを飲み始め
もうすぐ35歳なので
約15年ほど飲んでいる事になります。

多い時は1日に3回
プロテインを飲んでいた事もあり
現在は1日1回程度です。

もちろん、
お肉や魚など食事からも
タンパク質を摂っていて

ここ数年は
食事とサプリメント合わせて
1日に体重×2g程度のタンパク質を
摂るようにしています。

今回、
私が受けた血液検査は
市が行っている
健康診断の一部で

検査項目の中に
肝臓や腎臓などに関する
数値がありましたので
そちらの検査結果をご紹介致します。

まずは、
肝臓に関する項目から

今回の検査では
・AST
・ALT
・γ‐GT
の3つの肝臓に関する
検査項目があり

これらの数値を調べる事で
肝炎や脂肪肝など
肝臓に関する事がわかります。

私の場合
・AST…30以下
・ALT…30以下
・γ‐GD…50以下
が基準値となっており

私の検査結果がコチラ↓

肝臓検査結果

・AST…27
・ALT…24
・γ‐GT…17
でしたので
肝臓に関する数値は
全て正常値でした!

続いて、
腎臓に関する項目です

今回の検査では
・血清クレアチニン
・eGFR
の2つの腎臓に関する
検査項目があり

これらの数値を調べる事で
腎臓が血液を
きちんと濾過できているか
(きちんと働いているか)がわかります。

私の場合
血清クレアチニンの値や
性別、年齢などから計算される
・eGFRの値が60以上
というのが基準値で

私の検査結果がコチラ↓

腎臓検査結果

・eGFR…80.1
でしたので
腎臓に関する数値も
正常値でした!

今まで受けてきた
血液検査でも正常値でしたので
私としては普通の事ですが

プロテインが
内臓に悪いと考えている方にとっては
ある意味、衝撃的な結果ではないでしょうか?

この他、
肝臓、腎臓以外の項目も
基本的には正常値でしたが
1つだけ基準値を超える物がありました。

異常のあった項目は
血圧です。。。

血圧には上と下の値があり
上の基準値が139以下に対して
私の検査結果は140!!!
高血圧の値です。

この原因はわかっています。
もちろんプロテインではありません。

血圧が高い原因は「採血」です。

血液検査の為の採血が
血圧測定の後にあるのですが
私は採血が大っ嫌いなので

この後、
採血があると思うと緊張してしまい
一時的に血圧が上がってしまうのです。

日頃かかりつけの病院や
ジムで測定した場合は正常値なので
問題ないと伝えましたが

140以上の方は念の為
心電図の検査も受けるようにとの事で
初めて心電図を測定して頂きましたが
問題なしでした!

今回ご紹介した検査項目の内
肝臓に関する数値である
ASTに関しては

トレーニングなど
激しい運動を行うと
一時的に高くなる事があります。

検査結果への影響を避ける為
採血の直前はトレーニングを
お休みする事をおススメします。
(今回、私は2日間
トレーニングをせずに検査を受けました)

今回の検査結果は
あくまで私個人の結果であって
必ず同じ結果に
なるわけではありません。

医師などから
栄養について指導がある場合は
そちらに従う事をおススメ致します。

というわけで
15年間プロテインを
飲み続けている男性の
血液検査結果のご紹介でした!

こちら↓の記事もおススメです!
タイトルクリックでご覧頂けます。

「プロテインはドーピング検査に
ひっかかるのか?について!」

トレーニング(筋トレ)は
重さとフォームどちらが優先?

筋トレマシンとダンベル
(フリーウェイト)の違いについて!

ではでは
本日はこの辺で
失礼致しマッスル!\(^o^)/