寝る前はプロテインとBCAA(アミノ酸)どっちを飲んだ方が良い?

プロテインを飲んでいる女性

ご覧の皆様こんにちは!

北九州市小倉南区の
パーソナルジム「イマナミジム」
トレーナーの今浪勉です!

イマナミジムのホームページはコチラ↓
imanami-gym.com

今回のブログでは
寝る前はプロテインとBCAA
どっちを飲むのが良いか?
についてお伝えします。

早速ですが
寝る前に飲む場合は
BCAAよりもプロテインの方が
おススメです!

プロテインの方が
おススメな理由は
プロテインとBCAAの
消化吸収にかかる時間の差にあります。

プロテインは
牛乳や大豆などの原料から
タンパク質を取りだして
飲みやすく味付けした物で

プロテインに含まれている
タンパク質は消化されると
アミノ酸という物質に変わります。

プロテインが細かくなるとアミノ酸
アミノ酸が集まるとタンパク質です。

アミノ酸の説明図

アミノ酸には
いろいろな種類があり
私たちの体は20種類の
アミノ酸で作られており

この20種類のうち
・バリン
・ロイシン
・イソロイシン
・ヒスチジン
・リシン
・メチオニン
・トリプトファン
・フェニルアラニン
・スレオニン
この9種類のアミノ酸は
体内で作る事が出来ないので
必須アミノ酸と呼ばれ
食事やサプリメントなどから
摂取する必要があります。

BCAAは
この必須アミノ酸うち
・バリン
・ロイシン
・イソロイシン
の3種類の
アミノ酸を集めたサプリメントです。

プロテインとBCAAどちらも
トレーニングと合わせて摂る事で
筋肉が作られやすくなったり
疲労回復を促進する働きがあります。

プロテインとBCAAは
働きなど近い部分もありますが
それぞれに異なる特徴もあり
その内の1つが
消化吸収にかかる時間です。

プロテインに含まれるタンパク質は
一度、アミノ酸に消化(分解)されてから
吸収されますが

BCAAは
初めからアミノ酸の状態なので
プロテインよりも
素早く消化吸収されます。

牛乳から作られる
ホエイプロテインの場合
飲んでから60分程度で
消化吸収され
血中アミノ酸濃度
(血管の中にあるアミノ酸の量)が
最大になるのに対して

BCAAの場合は
飲んでから20~30分程度で
血中アミノ酸濃度が最大になります。

ここだけを比較すると
寝る前も素早く吸収される
BCAAの方が良さそうですが

寝る前に
プロテインやBCAAを飲む目的は
食事を摂る事ができない就寝中も
血中アミノ酸濃度を上げ
筋肉をつくる働きを高める事なので

寝る前に関しては
ゆっくり時間をかけて吸収される
プロテインの方がおススメです。

因みに、
BCAAの場合
飲んでから40分程度で
血中アミノ酸濃度が下がり始めるのに対し

ホエイプロテインの場合
飲んでから2時間程度
血中アミノ酸濃度を
高めて置く事ができます。

また、
通常の食事の場合は
プロテインよりも
さらに長い時間
血中アミノ酸濃度を
高めて置く事ができるので

筋肉を増やしたい場合には
お肉や魚、卵など
タンパク質の含まれる食材を
夕食でしっかり摂るようにしましょう。

プロテインを
ゆっくり消化したい場合は
オリーブオイルを5g程度
プロテインに混ぜて飲むと
油の働きで吸収が遅くなるので
おススメです。

というわけで
寝る前はプロテインとBCAA
どっちを飲んだ方が良いか?
についてのお話でした!

こちら↓の記事もおススメです!
タイトルクリックでご覧頂けます。

15年間プロテインを飲み続けた男性の
血液検査結果が衝撃的!?

ではでは 
本日はこの辺で 
失礼致しマッスル!\(^o^)/